アイピルと受胎の希望について

低用量ピルというのは妊娠を希望しない女性が服用することにより、妊娠を予防するという薬のことを言います。低用量ピルといってもいろいろありますが、女性ホルモンの量が少ないため、副作用のリスクも低いと言われています。黄体ホルモンと卵巣ホルモンを配合した薬であり、服用することで妊娠した時と同じホルモンバランスとなります。排卵を抑制することで妊娠を防いでくれるという効果があり、正しく服用することでほぼ確実に妊娠を防ぐ効果があると分かっています。結婚していて受胎を望む場合は避妊は必要ありませんが、経済的に厳しい場合などは生まれてくる子供を不幸にしてしまうこともあります。そこでしっかりと計画を立てて受胎を目指す必要があるのです。低用量ピルは生理が始まってから服用を開始することになります。1日1錠を3週間服用することになりますが、1週間は服用を休みます。この28日間を繰り返すことでしっかりと避妊できるということです。また、避妊をせずに性行為をしてしまった場合、アイピルなどの緊急避妊薬が必要となります。緊急避妊薬というのは性行為の後に服用するものであり、性行為の最中にコンドームが破れてしまった場合や外れてしまった場合、性犯罪などに巻き込まれてしまった場合に飲むことで妊娠を防ぐことができます。アイピルは性行為をしてから24時間以内に服用した場合は95%の確率で妊娠を防ぐことができますが、時間が経つほどその効果が低くなってしまうので注意しましょう。72時間以内でも75%の確率で妊娠を防ぐことができるため、妊娠を希望しない場合はすぐに服用することが大切です。低用量ピルとアイピルはどちらが効果が高いのかということですが、低用量ピルの方が確実に避妊できるとされています。