アイピル(I-Pill)の効果を知ろう

アイピル(I-Pill)を用いて使用するには、服用前にその効果を知る必要性があります。

緊急避妊薬のアイピルとウコン、豆乳との関係

アイピルとは、レボノルゲストレルを成分とした緊急避妊薬で、アフターピルとも呼ばれています。

望まない妊娠の不安がある場合など、計画外の妊娠を防ぐのに効果的で、コンドームなどによる避妊に失敗したり、破れていた場合などに使用し、性交後72時間以内に服用することで、妊娠を防ぐ効果が期待できます。

飲みかけの豆乳とコップアイピルの主成分であるレボノルゲストレルは、排卵の周期を遅らせ、精子が受精しないようにする効果があることから、妊娠させない強い効果を発揮します。

低用量ピルは、毎日同じ時間に服用することで避妊効果を得ることができるのに対して、アフターピルは、性交後に飲む避妊薬です。

使用方法は、性交後72時間以内に1錠、水かぬるま湯で服用します。24時間以内であればより避妊効果が高くなります。ただ、ウコンと飲みあわせると、副作用が強くなったり、ピルの効き目を薄めてしまう可能性があるので、控える方がよいでしょう。

通常婦人科などで処方してもらう場合には、1万円前後とかなり高額になる場合が少なくありません。

そういった場合には、通販で購入すれば、安く購入することもでき、必要なときに休日でクリニックが閉まっているということもありませんからおすすめです。

月経に関係する女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類があり、卵胞ホルモンは4週間ごとに卵子を1つ成長させて排卵をさせて、子宮内膜を厚くて、妊娠の準備を行います。一方、黄体ホルモンは、排卵4週間後に卵胞ホルモンがなくなる時期に分泌して、卵子が子宮に着床できる状態に整えます。この黄体ホルモンの分泌がなくなると、子宮内膜が剥がれて生理が発症します。

緊急避妊薬は、この黄体ホルモンの作用に関わり、豆乳イソフラボンと同様に、女性ホルモンが含まれているため、大量に摂取することで、人工的に子宮で黄体ホルモンが分泌された状態を作って、強制的に生理を起こして妊娠を阻止します。