軽蔑されたとしてもアイピルやプラノバールで妊娠回避

女性の場合、積極的に避妊ができる方法と言えば低用量ピルや避妊リングを装着するなどといった方法になりますが、定期的に服用するのが難しかったり出産経験がないために避妊リングを装着できないないことがあります。

その場合、セックスを行う際の避妊は男性にゆだねるかもしれません。

もちろん、女性の体と気持ちのことを第一に考えてしっかりと避妊をしてくれる男性もいれば、自分の快楽だけを追求して女性の体は二の次という男性もいることかと思われます。

避妊が行われていないことに気づいたとき、妊娠したかどうかを心配するのは女性だけでありその身に降りかかってくることを回避するためにも、男性に軽蔑されようが何をしようがプラノバールやアイピルなどで自分の体守ることをおすすめします。

アイピルもプラノバールも、避妊をしていたにもかかわらず失敗してしまったり、避妊を行わなかったセックスの際に72時間以内に服用することで妊娠を回避できる緊急避妊薬です。

プラノバールは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類のホルモンが含まれたアフターピルであり、72時間以内に服用した後、また12時間後に1錠服用し、合計2回服用することで妊娠を回避できるとされています。

副作用が強く、実際に服用した多くの女性が副作用が出ているとされており最近ではプラノバールを取り扱っていない病院も多いとされています。

一方、アイピルはノルレボなどと同じく比較的新しいタイプのアフターピルで、黄体ホルモンしか含まれていないために副作用が少ないことと服用が一回で済むので飲み忘れることがないのが特徴です。

基本的には婦人科で処方されるのが一般的ですが、ネット通販などでも購入することができるとされています。

アフターピルにも体への負担はありますが、中絶を行うことを考えたら非常に少ないリスクと言えます。

自分の体を守るためにもアイピルやプラノバールの使用をおすすめします。