アイピルとアルコール

72時間以内に服用すれば、高い確率で避妊に成功できるアイピル。避妊に失敗したときなどに備えて、手元に用意しておきたい薬の一つでもあります。最近ではアイピルなどの緊急避妊薬もインターネット通販などで購入することができますので、いざというときのために購入しておくといいでしょう。

薬は基本的に、アルコールとの相性が悪いとされています。しかしアイピルは女性ホルモンに働きかけるものですので、アルコールの影響を受けることはありません。ですからアイピルを服用した後にお酒を飲んだとしても、避妊に失敗する可能性が高くなるということはありません。

しかしお酒がもたらす症状については注意が必要です。お酒を飲みすぎると吐き気を催すことがありますが、アイピルを服用して間もない時間にお酒の影響で吐いてしまうと、一緒に薬の成分まで体内から出てしまう可能性があるのです。アイピルを服用してから3時間ほど経過しているのであれば、薬の成分が体内にほとんど吸収されていますので問題はないと考えられていますが、3時間未満の間に嘔吐してしまった場合は、避妊に失敗してしまう可能性が高くなってしまうのです。もし服用後3時間未満の間に嘔吐してしまった時は、再び薬を飲みなおすことが必要です。

もともとアイピルの副作用として吐き気が生じることがあります。そのうえアルコールが体内に取り込まれてしまうと、さらに嘔吐の危険性が高くなるのは当然と言えば当然です。ですからお酒の弱い人はアルコールの摂取を避けたほうが無難ですし、お酒の強いと自覚している人も、万が一のことを考えてアイピルを服用してからしばらくの間は、お酒も控えめにしておいたほうがいいでしょう。

アイピル服用者の声

一般的にピルというと低用量ピルがよく知られており、これは飲み続けることで避妊効果を得られるものとなっています。しかし、緊急的に避妊したいという場合、アイピルのような中用量ピルを服用する必要があります。アイピルはアフターピルとして知られており、性行為の後に飲むことで避妊効果を得られるものです。72時間以内に服用することで妊娠を回避できるということですが、低用量ピルよりも多くの女性ホルモンが含まれているため、副作用のリスクが高まります。体内の女性ホルモンの量が一時的に増えるので吐き気や頭痛などといった症状が出てしまうこともあります。また、服用してすぐにアイピルを吐いてしまった場合、避妊効果がなくなってしまうので注意しましょう。吐いてしまった場合は再びアイピルを服用する必要があります。低用量ピルの場合はほとんど副作用がないということですが、緊急的に避妊するためのアフターピルには強い副作用があるということです。また、初めてアイピルを服用する場合、実際に服用した人の口コミや体験談などを参考にするのも良いでしょう。アフターピルは基本的に病院で処方を受けることになりますが、その時に一緒に吐き気止めなどを処方されることもあります。病院で吐き気止めが処方されなかった場合、市販の吐き気止めなどでも効果があるということです。アフターピルというのはあくまで緊急的に飲む薬であり、何度も使用すると体内のホルモンバランスが乱れてしまうことがあります。女性の体に大きな負担がかかってしまうため、避妊に失敗しても気軽に処方を受けるのは良くありません。性行為をする際には事前に避妊をすることが大切であり、それでも失敗してしまった場合のみ服用するのがポイントです。