アイピルとエストロゲンと困難について

アイピルは避妊のために服用することが一般的なのですが、月経困難症や生理不順などを改善する効果も期待できます。アイピルというのはエストロゲンとプロゲステロンを含んだ薬であり、これらは女性の体内にもともと存在するホルモンです。エストロゲンとプロゲステロンが同時に出ているのは、排卵してから生理が来るまでの間と妊娠している間となっています。そのためピルを服用するというのは、妊娠している時と同じ状態を作り出すことになるのです。生理のリズムをきちんと作ることが大切であり、周期が乱れていると生理がなかなか来ないこともあるため、数カ月間飲み続けるようにしましょう。ちなみに、エストロゲン製剤を1週間程度服用してピルを2週間程度服用するという方法もあります。これは生理不順や不正出血に対しても効果的な治療方法となっています。また、ピルを服用してから中止すると生理のような出血が起こることもあるため、生理が起こらない人に対して生理を起こすために投与することもあるのです。子宮内膜症というのは生理が無くなることで改善するとされています。アイピルには妊娠した時と同じ状態を作り出す効果があるため、子宮内膜症を改善することに繋がるでしょう。また、子宮内膜症でなくても生理痛が酷い人に対しては効果的な方法とされています。生理前には頭痛や吐き気、眩暈などが起こることもありますが、アイピルによってこのような症状を改善する効果も期待できます。生理が終わった時頃からピルを服用していても妊娠している時と同じ状態になりますし、排卵を抑制することができます。それによって避妊効果を得られるのですが、飲むのをやめると3~4で生理になります。